医療現場の現状

医療現場において医師不足は深刻とされてきて久しくなります。その理由とは数々ありますが、1980年代に医師が増加していた動きを受けて、病院数の減少や医師採用の規制をかけられたことが今も尾を引きずっていることが一因として考えられるようです。

その当時、医師は増加の一途を辿り供給過多になるという試算が出され、またその状況によって国が負担する医療費が増加してしまうという危惧も含めて、採用数の規制が執り行われました。しかし、その当時に比べて医療現場の現状は大きく様変わりし、当時の感覚のままでは立ち行かなくなっているのです。

結果、現在はどの医療機関も深刻な医師不足に陥っています。この理由には、医療技術の進歩により機器の使用や手順の細分化が進んだことによる人員の需要が高まったこと、さらにその技術革新によって高齢者や重篤な疾患でも延命・治療できる可能性が広がったためともいえます。

このような理由から、医療従事者の求人は常に出されており、人手不足の現状を打破しようとしています。しかし、うまくそのバランスが合致できていないのが現状であり、人手不足が慢性化した結果、もっと条件のよい新天地を求めて離職する率が大変高くなってしまっているのです。

逆に言えば、そのような人材が好条件であると判断した病院等の求人には当然募集が多くなります。そして、求人を出しているにもかかわらず人が居つかないような劣悪な環境の病院等は常に求人を出し続けることになるのです。

今現場が抱えている問題から、医師求人の現状を見ることができます。

話題のサイト

医師の求人を京都で探しませんか?|ドクターズWORKER